セフレ掲示板で見つけた女性と…エッチなバツイチ彼女との思い出

あまり上手くいかなったサイトを諦めて、違うセフレ掲示板を使っていたのですがすぐに会う約束ができましたので、相手と連絡先を交換して後日待ち合わせ場所へ行きました。

10分くらい早く着きましたが、まだ来ていなかったようなのでそのまま時間が来るまで待つことにしました。

しばらくしてスマホの時計を見ると10分くらい待ち合わせの時間を過ぎていました。

連絡しようか迷っていましたが、様子を見ようと30分くらいその場にいましたが、相手の女性は来る気配がなかったので思い切って連絡してみると何度も不通でした。

騙されたかと思い、その後10分くらい待ってから諦めて帰りました。

後日セフレ掲示板で同じプロフィールの女性を別アカウントで発見

何日かしてそのセフレ掲示板を見ると、同じプロフィールの女性が違うアカウントで掲載されていました。

こうやって何度も相手をからかって遊んでいるんだろうなと思い、無視していたのですが、しばらくすると、そのアカウントから私宛へこの間は会えなくてゴメンとコメントが書かれてきました。

やっぱり同じ人だったんだと分かったのですが、謝ってきたので返事をしようか考えていると、

「怒ってるんだよねちょっと用事があって行けなくて、でも連絡はしたんだけど繋がらなかった」

と続いて書いてきました。

えっと思い、掲示板の履歴を確認すると自分が教えた番号が間違っていたことに気づきました。

慌てて連絡先を間違えたとそのアカウントへ送ると、少し間が経ってから、

「からかわれてたんじゃなかったんだ良かった」

と返事が届きました。

「私はそんなことないゴメン」

と返すと、じゃあの日登録してなかった番号から電話が着たけど、それが本当の番号だったんだと書いてきました。

とりあえず、誤解が解けてホッとしました。

彼女に誤解が解けてホッとしていると突然…

突然、電話が鳴りました。

彼女の番号からでした。

電話を取ると、こんばんわーと明るい声がして、私も挨拶して改めて教えた番号が間違っていたことを謝りました。

全然気にしてないからと彼女が笑いながら言ってくれたので、そのまま話をしました。

彼女は30代半ばで私より一つ年上でバツイチでした。

離婚の原因を聞くと、

「見た目と違ってフィット感がイマイチだったことかなぁー」

と意味あり気に言ってきたので、

「セックス?」

と聞くと、

「そう!」

と彼女もダイレクトに答えてきました。

「自分だけ気持ち良くなるとすぐにやめちゃうから、こっちは欲求不満で大変だった」

と言ってきたので、

「どうやって解消してたの?」

と聞くと、

「意地悪なこと聞かないの!」

と笑ってくれました。

改めてデートに誘うと、オーケーの返事をもらえましたので、用事済ませてから来てねとちょっとからかい気味で伝えました。

「ああっ用事って実は約束した後すぐに生理になっちゃって」

と言ってきました。

間に合うかなと思ってたんだけど、お腹痛くてダメだったからと言ったので、もう平気なの?と聞くと、

「大丈夫、昨日の夜お風呂場で確認したから」

と言ってきました。

またからかいたくなり、

「どうやって確認したの?」

と聞いてみると、もう!と言いつつも、

「ちゃんと中に入れて試してみたの」

と言ってきました。

少し想像していると、

「何よー」

と言うので、

「指で?」

と聞くと、

「違う…電動じゃなやつで」

と恥ずかしそうに答えてきました。

「ディルドっていうんだっけ?」

と私が言うと、

「確かそんな名前だった、ベッド汚したくなかったし、でも我慢できなかったから」

と続けて言ってきました。

「好きなんだ」

と言うと、

「アナタは嫌いなの?」

と聞いてきたので、

「ううん、今の話聞いてるだけで大きくなっちゃう」

と言うと、

「もう…したくなっちゃった」

と言ってきたので、そのまま二人で声を聞きながらオナニーを始めました。

2日後バツイチの彼女とデート

2日後に彼女と会いました。

薄手のセーターにジーンズ姿でOLっぽく見えたので、結婚してたとは思えまないと言うと、ありがとーと喜んでいました。

居酒屋へ入り食事をして、お代わりは何にする?と聞くと、もう一杯だけサワー頼んでと言ってきましたが、でもこれでお終いにすると続けたので、何で?と聞くと、飲み過ぎてベッドで寝ちゃうの嫌だからと微笑んできました。

食事を終えて、お店を出ると私の手を握りご馳走さまーと言って歩き出しました。

すると、アダルトグッズのある店の前で立ち止まり、ねぇ壊れちゃったから買い換えたいから一緒に選んでと言ってきました。

二人で中へ入ると、バイブを売っているコーナーでどれが好き?と聞いてきました。

あれ!と周りにイボイボがついているものを指すと、いやらしそうと楽しそうに眺めていたのでそれを購入しました。

ホテルへ入りキスをすると、これ開けてみようよと先程買ったバイブを袋から取り出してきました。

電池を入れてスイッチを入れるとバイブの振動とともに本体がいやらしい動きをし始めました。

彼女のジーンズを脱がせて椅子へ座らせ、バイブを太ももを這わせてからゆっくりと彼女のものへあてると、気持ちいいと喘ぎ声をあげてきました。

パンティを脱がして、足を大きく広げ丸見えの彼女の中へバイブを押し込むと、その喘げ声はさらに大きさを広げていき、

「お願いアナタのしゃぶりながらイキたい」

と言ってきました。

すぐにズボンとトランクスを脱ぎ、彼女の顔の前へ反り返ったものを近づけると、

「これほしかった」

と夢中でくわえ始めました。

そうこうしているうちに彼女はイってしまい椅子から転げ落ちていきました。

すぐに彼女の体を四つん這いにして後ろから自分のものを挿入すると、また喘ぎ声をあげて突いてと叫んできました。

言われるがまま腰を激しく動かし突き続けました。

それから2回ほど会いましたが、好きな人ができたと言われたのでそれ以来会うことはなくなりました。